節約旅行

3年間!節約旅行をしてきたフリーランスが12の項目に分けて節約術を紹介!

どうも、節約旅行好きのフリーランス「じぇいく。」です。

ぼくは節約旅行が大好きで、旅行に行くときは「安いけどうまい」「安いけど綺麗」と言ったように、コスパの良い旅になるように、計画を練って旅行を楽しんでいます。

“管理人”
“管理人”

フリーランスということもあって、月に1〜2回は仕事や旅行で移動しており、ここ3年で節約旅行に詳しくなったので、この記事で紹介していきます。

簡単な目次!この記事で紹介する節約術!
  • 交通費を安くするコツ
    →飛行機・新幹線・レンタカー・電車代・バス
  • 宿泊費を安くするコツ
  • 食費・観光費・お土産を安くするコツ
  • 節約旅行におすすめのアイテム
  • 節約旅行におすすめの都道府県
  • 普段からの節約術

「旅費をなるべく浮かしたい人」や「少しでも安く旅行を楽しみたい方」は参考にしていだだけると幸いです。

【節約旅行】飛行機代を安くするコツ

飛行機は高くて手間のかかる移動手段に思われがちですが、最近は新幹線よりも安く、しかもいちばん早い移動手段のため、ぼくはいちばん重宝している移動手段です。

飛行機の節約方法は以下のようになります。

  • 格安航空券を比較してくれるサイトで探す
  • 格安航空(LCC)のセールを活用する

1つずつ解説していきますね!

もっと詳しく!

▼「航空券を節約する方法を他にも知りたい!」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【飛行機の節約術!】航空券を格安で購入する12のコツ!毎月飛行機に乗る男が解説

格安航空券を比較してくれるサイトで探す

いちばん手っ取り早いく安い航空券を探す方法は、格安航空券の比較サイトで探すことです。

格安航空券の比較サイトは、自分が行きたい場所・日時を打ち込むだけで、指定した日時でいちばん安い航空券を表示してくれる便利なサイト。

ぼくがいつも使っている比較サイトは「ソラハピ」ですね。

最大88%オフ!業界最安値を保証しているので航空券がとにかく安いです。

さらに、「ソラハピ」で航空券を購入後に、他のサイトでより安い航空券を見つけた場合は差額分を支払ってくれます。(上限2万)

正直、国内旅行の格安航空券を探すなら「ソラハピ」だけで十分ですね。
(ソラハピの評判・口コミはこちら)

>>最大88%オフ!ソラハピの公式サイトで格安航空券を探す

格安航空券の比較サイトの評判や比較は、以下のサイトでまとめているので参考にしてみてください。

【最新版】おすすめの格安航空券サイト10選を国内・海外別に紹介

格安航空(LCC)のセールを活用する

格安航空のセールを活用すれのも節約の1つです。

例えば、格安航空で有名な「ジェットスター」は、「片道39円セール」と言ったように、とんでもないセールを実施していますw

こう言ったセールは稀ですが、普段のセールでも「片道1,990円~セール」が一般的なので、セールをうまく活用すれば、往復5,000円以下で航空券を購入できることもあります。

下手すれば夜行バスよりも安いし、時間も短縮できるので一石二鳥ですね。

ただ、セールで購入できる航空券は平日のものが多く、セール初日は争奪戦なので、買えないこともしばしば…!

“管理人”
“管理人”

なので、ぼくはセールも活用するけど、普段は「格安航空券の比較サイト」を活用しています。

ちなみに、「格安航空(LCC)って本当に安全なの?評判を知りたい!」という方は以下の記事を参考にしてください。

【ジェットスターのレビュー】毎月ジェット・スターに乗る男が感想・評判を紹介!

家族旅行におすすめ!新幹線代を節約するコツ

小さなお子さんがいると、飛行機ではなく新幹線を使って移動した方が楽ですよね。

新幹線の主な節約方法は以下のようになります。

  • チケットショップでバラ売りの回数券を購入する
  • 「こだま」や「つばめ」などの安い新幹線に乗る
  • 「駅探」などのネット限定のサイトで購入
  • 旅行会社のホテル宿泊セットだと安くなる

気軽に節約する方法としておすすめなのが、チケットショップでバラ売りの回数券を購入することです。

自分の乗りたい地域や区間の新幹線の回数券が安く購入できるので、近くにチケットショップがあるから探してみましょう。

また、各駅停車のため時間はかかりますが、新幹線に安く乗れる「こだま」や「つばめ」と言った新幹線も安くておすすめ。

地域や区間にもよりますが、「ぷらっとこだま」などの割引サービスを使えば、5,000円以上の割引価格で新幹線のチケットを購入できます。

“管理人”
“管理人”

ほかにも、WEB限定の新幹線予約サイト「駅探」のホテル宿泊セットを活用すると、正規の値段よりも安く新幹線のチケットを購入でき、ホテル代も安くなります。

ネットから探したい方は、「駅探」から新幹線の格安チケットを探してみてください。

もっと詳しく!

▼もっと詳しく新幹線代の節約方法を知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください!

新幹線代を節約する10の裏技!毎月新幹線に乗る男がお得な割引サービスを紹介!

節約旅行!レンタカー代を安くするコツ

旅行の移動に欠かせないのがレンタカー。

地方都市の観光は電車やバスで十分ですが、沖縄や北海道など、交通網が整っていない大自然の中を観光するとなると、車は必要になってきます。

レンタカーを格安で借りる方法は以下のようになります。

  • 格安レンタカーの比較サイトから探す
  • 中古車を貸し出しているレンタカー会社から借りる
  • 旅行サイトのセール時に申し込む

いちばんおすすめなのは、格安レンタカーの比較サイトから探すことです。

自分がレンターを借りたい場所・日時を打ち込むだけで、指定した日時でいちばん安いレンタカーを表示してくれます。

“管理人”
“管理人”

ぼくは毎回「たびらいレンタカー」からレンタカーを探して予約していますね。

大手のレンタカーと提携して格安プランを実施しているので安いし、免責補償、カーナビ、ETC車載器が付きで8,000円以下で借りれることも多いので。

また、中古車限定のレンタカー屋や地域限定のレンタカー屋で借りるのも安いです。

“管理人”
“管理人”

ぼくは大分に行った時、地域限定のレンタカー屋で中古車を借りたのですが、2日間で6,000円で借りることができました。(ガソリン代別)

中古車と言っても整備はきちんとされているし、備え付けのBluetoothもついていたので、乗り心地は悪くなかったですね。

ほかにも、楽天トラベルをはじめとした大手旅行サイトのセール時に、レンタカーを申し込むと、通常価格の半額以下で車をレンタルできますよ。

もっと詳しく!

▼レンタカー代を節約するコツをもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

旅行中のレンタカー代を節約する4つのコツとおすすめの格安比較サイトを解説!

節約旅行!電車代を安くするコツ

地域によっては電車をフル活用して観光を楽しむこともあるので、ここでは、電車代金の節約方法について紹介します。

電車の節約は以下のようになります。

  • 地域限定の乗り放題パス券を購入
  • 青春18切符の購入
  • 回数券の購入
  • 金券ショップで切符を購入

京都や大阪、福岡などの観光地では、「1日乗車券」や「地下鉄乗り放題パス」といったように、決められた区間の電車が乗り放題になる「ワンデイパス」があります。

地域によって異なりますが、値段も大体600円~800円(1日)と非常にお得なので、電車を使って観光する人におすすめです。

また、年齢関係なく誰でも購入できる「青春18切符」もおすすめです。

1日あたり2,730円で、日本全国のJR普通列車(私鉄や地下鉄はNG)が乗り放題になるため、観光地まで電車で行く人や長距離の移動をする人に最適です。

“管理人”
“管理人”

他にも、回数券を購入してお得に電車に乗る方法や金券ショップで手軽に切符を購入する方法もあるので、自分に合った方法で電車代を節約しましょう。

【節約旅行】高速・夜行バス代を安くする

高速・夜行バスを節約するなら「高速バスドットコム」が便利です。

日時と場所を選択するだけで、いちばん安いバスの料金を60社のバス会社から比較し提示してくれます。

さらに、バスタイプやトイレの有無、女性専用便、車内特典など、細かな指定を加えることもできるので、女性や初めて高速バスに乗る人にも安心して利用できます。

“管理人”
“管理人”

もちろん、全国に対応しているので、高速・夜行バスを節約したい方は参考にしてみてください。

→高速バスドットコムの公式サイトはこちら

【節約旅行】宿泊費を安くするコツ

旅行に欠かせないのが、体の疲れを癒してくれる宿です。

ホテルなどの宿泊代を安くする方法はたくさんありますが、簡単に節約する方法は以下のようになります。

  • 格安宿泊予約サイトを活用する
  • Airbnb(エアービーアンドビー)を使う
  • カップルはラブホテルもおすすめ

格安の宿泊予約サイトを活用する

カップルやファミリーだと、格安で尚且つ綺麗なホテルに泊まりたいですよね。

そこで、おすすめなのが格安の宿泊サイトです。

ぼくがよく利用しているのは、「Booking.com」と「トラベルコ」です。

「Booking.com」はとにかく安く、時期にもよりますが大手が運営する少し高級なビジネスホテルでも、1万円以下で泊まれのはザラで、セールも頻繁にやっています。

さらに、「Booking.com」は宿泊施設の掲載件数が世界一なので、国内/海外のホテルはもちろん、高級ホテルからゲストハウスまで、様々な種類の宿泊施設を検索できます。

しかも、宿泊施設のキャンセル無料&前払い無料のホテルが多いので、ボタン1つでホテルのキャンセルや変更をできるのもありがたいですね。

「トラベルコ」は格安の宿泊施設を比較してくれる横断サイトで、希望条件を打ち込むことで、700以上の旅行サイトから、いちばん安い宿泊施設を表示してくれます。

ついでに格安の航空券とツアーを探すことができるので、重宝してますね。

“管理人”
“管理人”

ぼくはいつも、はじめに「Booking.com」で調べて良いホテルがなかったら、「トラベルコ」で比較してます。

もっと詳しく!

▼もっと詳しく宿泊費の節約方法を知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください!

【国内旅行】ホテル代を節約する10のコツ!おすすめの格安サイトも!

子連れの節約旅行におすすめ!Airbnb(エアービーアンドビー)を使う

宿泊費を安く済ませ、ある程度の人数が泊まれる場所を探すならAirbnb(エアービーアンドビー)もおすすめ。

“管理人”
“管理人”

通称エアビーは民泊情報サイトで、部屋を貸したい人と宿泊施設を探している人をマッチングしてくれるサービスのこと。

オシャレなデザイナーズマンションから、自然溢れるペンションなどに格安で泊まれるため、女性やお子さんでも心からリラックスすることができます。

大人数で止まる時は、「エアビー」がいちばん便利ですね。

→エアビーの公式サイトはこちら

カップルの節約旅行ならラブホテルもおすすめ

決してふざけているわけではなく、カップルだったらラブホテルもおすすめです。

“管理人”
“管理人”

ぼくも一時期、パートナーと旅行するときはラブホテルを使っていました。

フリーランス1年目はお金がなかったので..笑

ラブホテルはとにかく安く、地方だと1泊5,000円前後で泊まれます。

しかも、朝ごはんが無料のところも多いし、アメニティも揃っているので女性は安心して泊まることができるんですよね。

最近のラブホテルは、映画やカラオケもついているので、気にしないならラブホテルもありですよ。

【節約旅行】食費を安くするコツ

観光地の食費を抑える方法は以下のようになります。

  • 観光地のレストランではなく地元の定食屋
  • キッチン付きの宿泊施設を借りて自炊

観光地でご飯を食べる前提でいうと、節約するなら観光地のレストランは避けましょう。

観光地にあるレストランは観光客用の料金で設定されているため、値段が高く、しかもお店によっては味も微妙です。

そこでおすすめなのが、地元の人が通う定食屋や居酒屋。

地元の人が通うお店は、地域のネットワークをフル活用した食事を取り扱っているため値段が安く、とても新鮮です。

“管理人”
“管理人”

地元で有名なお店はGoogleよりも、SNSで検索した方が見つけやすいので、参考にしてみください。

食費は浮かせてアクティビティや観光を楽しみたいという方は、外食は控え、地元のスーパーやコンビニで済ませましょう。

地元のスーパーやコンビニには、地域限定の食品が並んでいるため楽しく、旅行気分も味わえます。

また、先ほど紹介したエアビーを活用して地元のマンションやコンドミニアムに泊まればキッチンも付いてくるので、そこで自炊をして節約をしましょう。

【節約旅行】観光費を安くするコツ

観光費を節約する方法は以下のようになります。

  • 無料のスポットを事前に調べておく
  • 割引チケットを事前に調べておく

観光費を節約するなら事前に無料の観光スポットを調べておきましょう。

北海道や沖縄などの自然が多い観光スポットは、一見無料のスポットが多いように感じますが、実は行政が管理していてお金がかかる場合もあります。

逆に神社や博物館などは無料で入れる場所が多いでので、おすすめ。

“管理人”
“管理人”

ちなみに、施設は無料でも駐車場代がかかることもあるので、事前に調べておきましょう。

他にも、地元のコンビニやレンタカー屋では、地域の観光地の割引チケットを販売しているので、行きたい場所が決まっている方は、割引チケットの購入しましょう。

【節約旅行】お土産を安くするコツ

お土産を節約するなら、空港で買うのでなく地元のスーパーや道の駅で購入しましょう。

地元のスーパーや道の駅だと、2~3割引くらいの値段でお土産を買えます。

帰るときに空港で一気に買う方が楽なのですが、節約をするなら地元のスーパーや道の駅でこまめにチェックし、その都度お土産を購入しましょう。

節約旅行に役立つ持ち物・アイテム

節約旅行を意識するなら持ち物にも気を配りましょう。

持っていくと、節約につながるアイテムはたくさんあります。

  • 飲み物や軽食・お菓子
  • 着替えやタオル
  • 折りたたみ傘
  • 日焼け止め
  • 防寒具
  • トートバッグや小さなカバン

とくにペットボトルや軽食は事前にスーパーで買っておくと、節約できます。

また、沖縄をはじめ、天気が変わりやすい地域に旅行でいくときは、折りたたみ傘があると便利。

傘は現地で買うと高いし、かさばるので折りたたみ傘は必須です。

また、荷物関係でいうと、大きなリュックやスーツケースはコインロッカーではなく、ホテルに預けましょう。

“管理人”
“管理人”

基本的にホテルはチェックイン前でも、無料で荷物を預かってくれます。

そのため、お財布やスマホなど最低限の荷物が入るトートバッグを持っていくと、便利ですよ。

節約旅行におすすめしたい都道府県・地域

実は、節約旅行におすすめの地域は日本国内でもあります。

節約旅行に向いている道府県は以下の2つ。

  • 大阪
  • 沖縄

1つずつ解説していきます。

大阪はホテルが安くて交通が発達している

大阪はホテルの数が多いため、平日はもちろん連休や週末でも良心的な値段でホテルを確保できます。(東京よりも物価が低い)

平日だと、ツインルームが5,000円以下で泊まれることもありますからね!

また、交通機関も発達しているので、レンタカーを借りずとも京都、奈良、神戸と言った観光地に日帰りで行けるのもありがたいです。

“管理人”
“管理人”

ちなみに、ホテルに関しては大阪、広島、福岡と言ったように地方都市が安いです。

なぜなら、ホテルの数が多く、自然と価格競争が起きるため、星がつく大手のホテル以外は低価格で勝負するしかないからです。

とは言っても、最近のビジネスホテルはどこも綺麗でサービスも行き届いているため、泊まるだけなら快適です。

ホテルも物価も安い沖縄

地方でいうとやはり沖縄は物価が安いですね。

とくに地元の食堂やスーパー、道の駅は500~1,000円でお腹いっぱい食べられるし、お土産も安いです。

それにホテルも安く、オフシーズンは10,000円以下でリゾートホテルに泊まれることもあります。

ただ、沖縄は交通が発達していないため、那覇市以外を観光するとなるとレンタカーが必要です。

ちなみに、沖縄でレンタカーを借りるなら「スカイレンタカー」から探すのがいちばん安くすみます。


沖縄・九州に特化したレンタカーサイトなだけあって、量も多くいちばん安いため、ぼくは毎回「スカイレンタカー」から探してますね。

普段から旅行のために節約しておくのもあり!

旅行中に節約するのもありですが、普段から節約しておくことで、良いホテルや現地で美味しいものを食べることができます。

  • 携帯代→格安SIMに変更
  • 食費→なるべく自炊
  • 光熱費→お得なセットプランに加入
  • 通信費→格安ポケットWi-Fiに変更
  • 洋服代→ユニクロ&GUで済ます

本当に地味ですが、上記以外にも、普段から節約を心がけることで旅費に多く回せます。

定期的に旅行をしたい方は、実施してみてください。

節約旅行に必須のおすすめサイトまとめ

最後に、節約旅行におすすめのサイトをまとめておきます。

飛行機代を節約
「ソラハピ」←最大88%オフ!業界最安値保証
→ソラハピの「評判・口コミはこちら

新幹線代を節約
→「駅探

レンタカー代を節約
→全国「たびらいレンタカー」九州・沖縄「スカイレンタカー

電車代を節約
→「青春18切符

高速バス・夜行バス代を節約
→「高速バスドットコム

宿泊費を節約
→ホテルや旅館「Booking.com」&「トラベルコ
→格安民泊「Airbnb

節約旅行の参考にしていただけると、幸いです。

最後に節約旅行について大切なことを語ります

今回は節約旅行についてまとめていきました。

ただ、1つ注意して欲しいのは「節約」を意識しすぎて、旅行を楽しめなくなることです。

実際ぼくも、節約を意識しすぎて神経質になり、旅行を全く楽しめないこともありました。

ここまで、節約、節約言っておいてなんですが、たまには妥協することも忘れないでください。

節約は手段であって、目的は「旅行を楽しむこと」です。

1人でも、恋人でも、家族旅行でも「またここに来たいな」と思えるような、綺麗な思い出を作ってきてください。

最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました。