格安航空券 おすすめ サイト

スカイスキャナーのメリット・デメリットを解説!安く買う裏技も紹介!

どうも、節約旅行好きのフリーランス「じぇいく。」です

「スカイスキャナーって安いって聞くけど実際どうなの??」

「利用前にメリット・デメリットを詳しく知りたい!」

条件を打ち込むだけで1,200以上の航空会社から旅行代理店を一気に比較し、いちばん格安の航空券やホテルを表示してくれる「スカイスキャナー」

実際に、格安の航空券を簡単に見つけることができるため、ぼくも利用しています。

しかし、いざ利用するとなるとデメリットもあるのでは?と不安になりますよね。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

そこで、この記事では実体験をもとにスカイスキャナーのメリット・デメリットを紹介していきます。

航空券を安く購入する裏技や購入前の注意点も紹介していくので、参考にして頂けると幸いです。

スカイスキャナーとは?詳細

2003年にスコットランドのエジンバラで運営を開始したスカイスキャナ(Skyscanner)は、世界中の航空券を一括で比較・検索できる比較サイトです。

国内外の航空券以外にもスカイスキャナーでは、以下のサービスも検索することが可能です。

  • ホテル
  • レンタカー
  • 航空券+ホテル

スカイスキャナーの大きな特徴としては、提携している航空会社や大手旅行代理店の数が全世界1,200社以上と圧倒的に多いこと。

そのため、他の航空券比較サイトよりも安い航空券を探しやすくなっています。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

ただし、サイト内で予約するのではなく、予約自体はそれぞれの旅行予約サイト・航空会社公式サイトから行います。

そのため、急遽予定が入って、航空券の予約をキャンセル・変更する必要になった場合は、基本的にはスカイスキャナーではなく予約した航空会社やサイトで手続きをすることになります。

ただ、サイト内でのトラブルには対応してもらえるので、疑問点がある場合は「サイト内のお申し込みフォーム」から問い合わせてみましょう。

スカイスキャナーの3つのメリット!

スカイスキャナーのメリットは、主に3つあります。

ここからは、それぞれのメリットについて詳しくご紹介します。

1,200社から比較!最安値を検索しやすい

スカイスキャナーの最大のメリットは、全世界の1,200社以上の航空券やホテル、レンタカーから最安値の商品を一括で検索してくれることです。

先述したように、スカイスキャナーは他の比較サイトと比べて提携会社が圧倒的に多く、取り扱っている航空券の数は、旅行比較サイトの中でもトップクラス。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

スカイスキャナーを利用すれば、自分でいろいろなサイトにアクセスして航空券を比較する必要がないのです!

便利で多彩な検索機能!

本来。航空券を探すときは、発着場所が決まっていることが多いと思います。

しかし、スカイスキャナーでは、目的地がはっきりと決まっていない方に向けて、「すべての場所検索」という機能があります。

この機能を活用すれば、予算内でお得にいける旅行先や穴場の旅行先を見つけることができるかもしれません…!!

他にも、スカイスキャナーでは、目的地が決まっている場合、一番安い時期をグラフやカレンダーで表示してくれる機能もあります。

目的地は決まっているけれど、どの時期安いのか調べたい方にこちらの機能がおすすめです。

航空券以外の料金を含めた「合計の最安値」を表示してくれる

他の航空券比較サイトでは、せっかく安い航空券を見つけても、予約の際に「燃料サーチャージ」や「空港使用料」などが追加でかかることも少なくありません。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

追加で料金がかかった結果、予算をオーバーしてしまい、「また一から航空券を探さなきゃ…」といった経験をした方もいるのではないでしょうか。

しかし、スカイスキャナーでは、はじめから航空券以外の航空券以外の「燃料サーチャージ」や「空港使用料」などを含めた合計の最安値を表示してくれます。

そのため、予約の際に追加料金がかかることもなく、航空券を探し直す手間もかからないこともメリットのひとつです。

スカイスキャナーの3つのデメリット

ここからは、スカイスキャナーのデメリットについていくつかご紹介します。

LCCの場合荷物代がかかる

基本的にLCCの預け入れ荷物は有料となっていますが、スカイスキャナーの表示価格には荷物代は含まれていません。

そのため、スカイスキャナーの検索で最安値にLCCの航空券が表示されていても、荷物代を含めると大手航空会社の方がトータルで安いこともあります。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

したがって、LCCの航空券を予約する際は、荷物代を含めた料金を確認してから予約手続きを進めるようにしましょう。

取り扱いのない航空会社もある

スカイスキャナーの提携会社は他の比較サイトよりも圧倒的に多いですが、すべての航空券を網羅しているわけではありません。

そのため、スカイスキャナーでは取り扱っていない航空券が、他の比較サイトで表示される場合もあります。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

ただし、ほとんどの大手航空会社や旅行代理店とは提携しているため、そこまで不便に感じることはありませんよ!

悪徳旅行会社に注意する

スカイスキャナーは世界中の旅行会社の中から安い航空券をピックアップしてくれますが、あくまでも航空券比較サイトのため、ピックアップした旅行会社の信頼性には関与していません。

そのため、検索結果に出てくる旅行会社中には信頼性の低い旅行会社もあり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

トラブルを避けるためにも、希望条件に合う航空券でも聞いたことがない旅行会社は、予約する前に必ずレビューや口コミを確認しましょう。

スカイスキャナーの世間の口コミ・評判

ここからは、SNS上で呟かれているスカイスキャナーの世間の口コミ・評判を紹介していきます。

スカイスキャナーを利用する参考材料にしていただけると幸いです。

スカイスキャナーを安く購入する裏ワザ

ただでさえ安い航空券を検索できるスカイスキャナーですが、実はスカイスキャナーにはもっとお得に予約できる”裏ワザ”があります!

そこでここからは、スカイスキャナーで航空券をさらに安く購入できる”裏ワザ”を2つご紹介します。

地域(国)を変更すれば安くなる

今回は例として、東京(成田)からニューヨーク間で検索をしてみます。

地域(居住国)が日本の設定状態だと、最安値は「75,180円」となっています。

それでは次に、画面右上にある日本の国旗の部分をクリックしましょう。

クリックすると、地域設定の画面が表示されるため、ここの「国/地域」の部分を目的地のアメリカに変更します。

ただしこのとき居住国を変更すると、自動で通貨もその国のものに変わってしまうため、通貨だけ「JPY」に戻しましょう。

最後に、居住国を変更したら、「保存」をクリックします。

すると上記のように、居住国をアメリカに変更しただけで、先ほどと同じ航空券の値段が「71,140円」に下がりました!

“じぇいく。”
“じぇいく。”

その差4,040円とかなりお得に!

値段が下がる理由としては、「日本」設定のままだと、現地の旅行会社の航空券などが反映されないためです。

つまり、アメリカ行きの航空券はアメリカの旅行会社の方が良いチケットを持っているよ!ということです。

ただし、今回のような安くなる場合もあれば高くなる場合もあるためいろいろと国を変えて調べてみることをおすすめします!

プライスアラート機能でさらにお得に!

スカイスキャナーには、希望のフライトに価格の変動があったときに、メールやプッシュ通知で知らせてくれる「プライスアラート」という機能があります。

この機能を活用すればいちいち検索しなくても、値下がりしたタイミングを逃さずお得に航空券を購入することが可能です。

設定方法はメールアドレスやパスワードを登録しておくだけと簡単なので、気になるフライトがあったらぜひ活用してみてください!

スカイスキャナーで航空券を購入する際の3つの注意点

ここでは、スカイスキャナーで航空券を購入する際の注意点について3つほどご紹介します。

予約のキャンセル・変更について

冒頭でも紹介したように、航空券の予約はスカイスキャナーで行うのではなく、検索でヒットした航空会社や旅行会社で行います。

つまり、予約のキャンセルや変更についてもスカイスキャナーではなく、各航空会社や旅行会社に問い合わせる必要があります。

そのため、キャンセル料金や手数料などは各航空会社や旅行会社で異なるため、予約をする前に事前に把握するようにしましょう。

スカイスキャナーの手数料について

スカイスキャナーのサービスは、航空券やホテルなどの価格を比較するだけです。

予約は自体は提携している航空会社や旅行代理店サイトなどで行いますが、その際にサービス料などの手数料は一切かからないのでご安心を。

パスポートについて

航空会社や旅行代理店によって異なりますが、国際線の予約をする際は、基本的に予約の際にパスポートが必要でも古いパスポート番号で予約することが可能です。

ただし、このような場合は、搭乗日までに新しいパスポートを入手し、その後航空会社に連絡をして番号の変更をしてもらう必要があります。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

また、パスポート申請中の場合、申請中のパスポートのスペルと予約する際のスペルが一致しているか確認しましょう。

もし、一文字でも間違っていると飛行機に乗ることができない可能性があるため必ず確認してください。

万が一、旅行出発日までにパスポートが間に合わず、旅行がキャンセルになった場合は、旅行会社にキャンセル料が発生します。

そのため、パスポートの申請手続きは余裕を持って行うことをおすすめします。

その他のおすすめの格安航空券サイト

最後に「スカイスキャナー以外」のおすすめ格安航空券の比較サイトを紹介していきます。

ちなみに、「海外/国内のおすすめ格安比較サイトを一気に知りたい!」という方は以下の記事を参考にしてみてください。

>>【最新版】おすすめの格安航空券サイト10選を国内・海外別に紹介

格安航空券のおすすめ比較サイト「ソラハピ」評判も!

ソラハピの詳細

  • サイトの種類 比較予約サイト(サイトから直で購入可)
  • 国内or海外どちらに特化 国内
  • 支払い方法 クレジット、コンビニ、銀行
  • お問い合わせ方法 メール
  • 運営会社 シェアリングテクノロジー株式会社(上場企業)

ソラハピのメリット

  • 業界最安値を保証!
  • 24時間電話でお問い合わせ可能
  • 新規会員登録で500円引き

ソラハピの1番のメリットは、業界最安値(最大88%オフ)を補償してくれる点です。

ソラハピで航空券を購入したあとに、他のサイトでより安い航空券を見つけた場合は、上限2万円までの差額を返金してくれます。

しかも、24時間電話でお問い合わせができるため、返金申請はいつでも可能!

「返金サービス」を展開しているのは、業界内でも「ソラハピ」だけなので、気になる方は「公式サイト」を覗いてみてください。

最大88%オフ!
>>公式サイトはこちら

ソラハピの評判や口コミ、利用方法を知りたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください。

→【ソラハピの評判・口コミ】最大88%オフ!業界最安値チケットを買えるサイトを解説!

ソラハピのデメリット

  • 航空券は国内だけ
  • サイト内では座席指定ができない
  • キャンセル料金が高い

ソラハピのデメリットは国内の航空券しか販売していない点です。

また、サイト内では飛行機の座席指定ができないのもデメリットの一つです。

ただ、航空券の安さにおいては間違いなく業界最安値なので、国内旅行を検討している方は「ソラハピ」から応募してみてください。

格安航空券のおすすめ比較サイト「エアトリ」評判も!

エアトリの詳細

  • サイトの種類 比較予約サイト(サイトから直で購入可)
  • 国内or海外どちらに特化しているか 国内・海外両方に特化
  • 主な支払い方法 クレジット、コンビニ、銀行振込、ネットバンキング
  • お問い合わせ方法
  • 運営会社:株式会社エボラブルアジア(東証一部の会社)

エアトリのメリット

  • オンライン航空券売り上げNo.1
  • 400社もの航空会社の中から比較
  • 早期割引航空券がある(最大88%off)
  • ポイントを貯めることができ、しかも航空券に使える
  • 航空券とホテルのセットが安い
  • 当時予約も可能

エアトリはオンライン航空券売り上げNo.1(観光庁調べ)を誇る格安航空券・比較予約サイトです。

400社もの航空会社の中から1番安い航空券を探してくれる優れたサイト。

さらに、運営会社は東証1部の上場企業なので安全性と信頼性も高いです。

また、早期割引航空券キャンペーンを常に実施しており、半年前などの早い時期に航空券を購入しておけば、最大で88%offになります。(年末年始やGWにも適用)

しかも、会員になれば購入金額がそのままポイントになり、ポイントが貯まれば次回の航空券購入に使えたり、マイルを貯めることも可能です。

使い勝手もよいので、初めて格安航空券サイトを使う人向けです。

デメリット

  • キャンセル料が高い
  • 手数料がかかる

エアトリの最大のデメリットはキャンセル料の高さです。

エアトリはキャンセルする場合、「航空会社のキャンセル料+エアトリでのキャンセル料」の合計金額がかかってきます。

そのため、高いキャンセル料を払わないためにも、予定をきちんと確認して上で航空券を購入しましょう。

また、購入の際に手数料がかかってしまうのもデメリットですが、手数料は航空会社の公式サイトや旅行代理店で購入するときも発生するので、割り切るしかありません。

 

▼もっと詳しくエアトリの特徴や評判を知りたい!という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>【エアトリの評判】サービスの特徴や注意点、購入するまでの手順を紹介!