格安航空 評判

【体験談】ほぼ毎月LCCに乗っているのでメリット・デメリットを紹介!

どうも、節約旅行好きのフリーランス「じぇいく。」です。

「LCCって安いって聞くけどデメリットもあるんでしょ??」

「LCCに実際に乗った人の体験談を知りたい!」

往復1万円以下の航空券を販売しているLCCに興味を持っている反面、様々なウワサが飛び交っているのもあって、購入しよか悩んでいる人は少なくありません。

“じぇいく。”
“じぇいく。”

そこで、この記事では仕事や旅行でほぼ毎月LCCに乗っているフリーランスのぼくが、実体験を交え、LCCのメリット・デメリットを紹介していきます。

旅行計画の参考になれば幸いです。

 

ついに国内旅行が解禁!格安航空券のお得情報!

 

《最大88%オフ!比較サイトで検索して格安航空券をゲットしよう》

「ストレス発散のために旅行したいけど、航空券が高い..。.」という方は、格安航空券の比較サイト「ソラハピ」から探してみてください。

条件(日時や空港など)を指定するだけで、10社以上の航空会社の中から1番安い航空券を表示!

しかも、業界最安値を保証しているため、最大で88%オフ以上の格安航空券を購入できます。

国内旅行の解禁により応募殺到中のため、早い者勝ち!!

>>ソラハピで格安航空券を探す


そもそもLCCとは?

LCCとは「ローコストキャリア」の略称で、日本では格安航空とも呼ばれています。

ちなみに、JALやANAなどの大手航空会社のことは「レガシーキャリア」と言います。

LCCと大手航空会社の差は、飛行機や座席の大きさやサービスの充実度です。

結論から言うと、以下のような感じですかね。

  • 国内旅行や近距離の海外旅行で節約重視の方はLCC!
  • 長距離の海外旅行やサービス重視の方は大手航空会社!

どっちが良いと言うよりかは、何を重視するかによって感想は変わってくるので、自分の現状に合った方を選ぶのがおすすめ!

主なLCCを紹介

次に、主なLCCを紹介していきます!

この中でも、安いと評判が高く、国内シェアの大半を占めているのがピーチとジェットスターです。

ほぼ全国の空港に路線があり、出航便の数も多いことからぼくも基本的にはピーチとジェットスターしか使いません。

ちなみに、スカイマークはLCCと大手航空会社の中間に位置する会社です。

LCCよりもサービスが充実していながらも、大手よりも料金が安いという、両者のいいとこ取りをした航空会社です。

“管理人”
“管理人”

ただ、往復航空券を1万円で済ませるなど、格安重視なら確実にピーチかジェットスターですね。

トラブルが多い!?LCCのデメリット

ここからは、LCCのメリット・デメリットを紹介していきます。

まずは、デメリットから紹介していくので、参考にしてみてください。

大手よりも遅延が多い

LCCは大手よりも遅延が多いです。

大手よりも少ない航空機と人員で回しているため、やはりどうしても遅延トラブルは増えてしまうそうです。

ほぼ毎月LCCに乗っているぼくの肌感覚だと、3回に1回は15~30分程度の遅延があるイメージですね。

“管理人”
“管理人”

ちなみに、沖縄行きの飛行機(ピーチ)で4時間待たされたこともあります…。

ここまでのひどい遅延は1年に1回あるかないかくらいですが、大手よりも遅延は多いので、ビジネスマンにはおすすめできません。

ちなみに、4時間遅延した時はお詫びとしてピーチから5,000円分相当のポイントをもらいました。

座席指定が有料

LCCは座席指定が有料です。

1番安い席でも400円~500円くらいするので、往復だと1,000円くらいですかね..。

これは結構なデメリット。

ただ、1ヶ月前など早めに予約すると大体前方の席や窓際の席など、良い席に座らせてくれます。

2人で予約して座席を指定しなくても、大抵は隣に合わせにしてくれますね。

ただ、繁忙期や直近の予約の時はバラバラの席や後ろの方の席など、微妙な席のことが多いです。

“管理人”
“管理人”

あくまでのぼくの感覚なので、参考程度に。

荷物を預けるのも有料

LCCは荷物を預けるのも有料です。

例えばピーチやジェットスターは、「機内に持ち込める荷物は7Kg・2点まで」と決まっています。

機内に持ち込める荷物のルールはとても厳しく、少しでも超過すると空港で荷物を預けなくてはいけないのですが、これがスゴく高い…!

値段は会社によって変わってきますが、空港で預けると大体3,000円~4,000円くらいはとられます。

そのため、航空券を購入するときに一緒にネットから予約する必要があるのですが、それでも1,000円くらいはとられます。

そのため、荷物料金を払いたくない人は「7Kg・2点」までに抑えましょう。

“管理人”
“管理人”

小さなスーツケースorバックパック+手さげバックで大体7Kgになります。

1番安いプランはキャンセルしても払い戻しなし

LCCでキャンセルした場合、基本的には払い戻しがありません。

キャンセル=お金は返ってこないと思っていた方が良いです。

一応、会社によってはキャンセルに対応したプランもあるのですが、有料になってしまいます。

そのため、1番安い無課金のプランで予約した時はキャンセルしないようにしましょう。

ポイント

ちなみに、会社によっては差額分を払うだけで、同一区間の予約の変更はできます。

ただ、それでもお金はかかってくるので、なるべくキャンセル・変更はしないようにしましょう。

機内食や飲み物も有料

LCCの機内での飲み物や食べ物は有料です。

もちろん、機内だと水のペットボトルが200円といったように、殿様商売。

そのため、節約したい人は事前にスーパーや自販機でペットボトルや軽食を購入しておきましょう。

“管理人”
“管理人”

ちなみに、具合が悪くなったときなどは無料で水をもらえるので、安心してください。

空港によっては主要ターミナルから搭乗できない

LCCは、空港によっては主要ターミナルから搭乗できません。

例えば、成田空港だとサブターミナルである第3ターミナルにLCCの搭乗口が集結しているため、空港に着いたら10分程度歩かなくてはいけません。

関西空港でピーチに乗るときは、バスで第2ターミナルに行かなくてはいけません。

このように、空港によっては搭乗口が変わってくるため、事前に自分が乗る航空会社がどのターミナルにあるのかを探しておかないと、大変な目にあいます。

事前にしっかり調べておきましょう。

“管理人”
“管理人”

ぼくは成田空港で一回やらかして10Kgのスーツケースを持ったまま、1Kgほどダッシュしました..。

死ぬかと思いました..。

とにかく安い!LCCのメリット

ここからはLCCのメリットを紹介していきます。

大手の半額以下の料金!?値段が安い

LCCの最大のメリットは安さです。(これに尽きます)

大手の半額以下で航空券を購入でき、基本的にどの路線も往復1万円前後で航空券を購入できます。

例えば、東京~沖縄便(普段の土日)をANA(大手)とピーチ(LCC)と比べると、その差は一目瞭然。

ANAはいちばん安くて18,410円(2月1日土曜)

比べてピーチは最安値7,290円(同じく2月1日土曜)

大手とピーチのその差は、11,120円と半額以下の値段で沖縄行きの航空券をゲットすることができます。

 

土日でこの料金なので、平日だと片道5,000円代に!

飛行機をただの移動手段と割り切れば、かなり節約できるのがLCCなのです。

セールになるとありえないほど安くなる!しかもほぼ毎月!

セールなると、もはや価格は崩壊しとんでもない格安料金で航空券をゲットできます。

一部LCCのセールを紹介!

(ジェットスターのセール)

(ピーチのセール)

(ピーチのセール2)

もはや笑けてきますよね..笑

ジェットスターの39円セールはさすがに年に1~2回ですが、ピーチのセール料金は普段のものです。

しかも、ジェットスターとピーチはほぼ毎月セールをしてくれるので、本当に助かっています。

ただ、一応デメリットもあってセールの対象となるのは平日の航空券のみ。

通常、普段の週末や大型連休はセール対象外です。

更に、セールの航空券は数が決まっているので早い者勝ち。

普段からこまめにサイトに訪れて、事前のセール告知をチェックし、当日に速攻買わないと購入できないので、注意してください。

燃油サーチャージが安い。もしくはない

飛行機に乗ると、航空券とは別に燃油サーチャージを支払う必要があります。

燃油は価格が変動するので、時にはかなりの痛手になるのですが、LCCには燃油サーチャージが安い、もしくはないのでかなりの節約になります。

これもメリットの1つですね..!

つらくない!席は思ったほど狭くない

LCCって狭くて窮屈なんでしょ??

と聞かれることは多いですが、ぶっちゃけそこまで窮屈ではありません。

むしろ、この値段でこの広さだったら快適!となります。

(ピーチの座席。普通に足を伸ばすことはできますし、簡易テーブルもついています。)

もちろん、大手航空会社と比べると狭く感じますし、隣の人との距離も多少近くは感じます。

ただ、2~3時間の国内旅行だったら全く不便ではないし、昼寝やNetflixでダウンロードした映画・ドラマを見ていれば暇は潰せるので、ぼくは不便に感じませんね。

“管理人”
“管理人”

CAさんの対応も良く、頼めばできる範囲で親切に対応してくれます!

LCCの客層は悪くないし、民度も低くない

安いということもあって、客層を心配する人もいますが、客層はいたって普通です。

ほぼ毎月LCCに乗っていますが、大声で話す人もいなければ、いきなり座席を倒してくる人もいません。

もちろん、クレーマーや喧嘩などにも一度も遭遇したことはありません。

正直、客層は大手の航空会社と全く変わらないですね。

ぼくからしたら、山手線の乗客の方がよっぽどマナーが悪いです(笑)

損しないために!最大88%オフ!格安航空券を探すなら「ソラハピ」

格安の航空券を探すなら、業界最安値を保証している格安航空券の比較サイトソラハピ」から航空券を探してみてください。

できるだけ安い航空券を買いたい方は、損しないためにも格安航空券の比較サイトから予約しましょう。

  1. 業界最安値を保証!最大88%オフ!
  2. 10社以上の航空会社から最安値の航空券を表示!
  3. 24時間の電話対応!

ソラハピは格安航空券の比較サイトで、条件(空港名・日時など)を指定するだけで、10社以上の航空会社の中からリアルタイムで1番安い航空券を表示してくれます。

しかも、業界最安値を保証しているため、最大で88%オフの航空券を買うこともできます。

国内旅行が解禁されたいま、格安航空券の予約が殺到中!!

早いもの勝ちとなっているため、交通費を節約したい方はこまめにサイトをチェックしてみてください。

業界最安値を保証!
>>公式サイトはこちら

ソラハピの詳細や評判を知りたい方は次の記事を参考にしてみてください。

→【ソラハピの評判・口コミ】最大88%オフ!業界最安値チケットを買えるサイトを解説!

まとめ!LCCは節約したい人向けのサービス

今回はほぼ毎月LCCに乗るぼくが、体験談も踏まえLCCのメリット・デメリットを紹介しました。

飛行機をただの移動手段と割り切り、とにかく節約した人はLCCを利用しましょう。

ちなみに、飛行機の節約術を知りたい!という方は以下の記事を参考にしてみてください。

>>【飛行機の節約術!】航空券を格安で購入する12のコツ!毎月飛行機に乗る男が解説

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。